2016年の上半期の振り返り、流行予想は当たってる?

時間が経つのは早く、もうすぐ2016年の半分が終わろうとしています。
2015年に言われていた2016年に流行するモノは果たして実際に流行中なのでしょうか?
調べていきましょう!

・IOT家電


2016年の家電製品で大流行するだろうと言われていたIOT家電。
「あらゆるモノ」がインターネットにつながるという意味のIOT。つまりネットにつながる家電製品として売上が期待されていました。

IOT家電の魅力的な点は、ネットによって
・冷蔵庫の中の無くなりそうな物をすぐ知れる

・レシピや近所のお買い得情報などを調べられる

・情報掲載により広告収入を得ている為、家電自体の値段が安い

・タッチ操作の家電で近代的かつスタイリッシュ

 

しかしながら、現在IOT家電はあまり見ることがないような・・・?

 

実は、大手メーカーの「ユーザー(主婦層)がこのIOTを受け入れられるか」という懸念が生まれているようです。
確かに、家電製品を使うユーザーは主婦層。そういった方たちがすすんでネット化されたものを買い求めるとは思えないですね。
また、すでにIOT家電を買われた方で、不具合を訴える方が続出しているそうです。

 

ということでIOT家電はあまり流行していないようです。
ただ、近年のITの進歩は目覚ましいですから、今後に期待ですね。

 

・エキスポシティ


エキスポシティは、大阪府吹田市の万博記念公園に設立された大型複合施設。
2015年11月19日に開園されたエキスポシティですが、2016年のレジャー施設として注目されていました。

エキスポシティの魅力は、

・300を超える店舗のある施設「ららぽーとEXPOCITY」がある

日本初体験型英語教育施設「オオサカイングリッシュビレッジ」がある

・海遊館プロデュースの生き物ミュージアム「ニフレル」がある

・吹田スタジアム、万博公園も隣接している

などなど、他にも多くの施設が併設されており、魅力満載の複合施設になっています。

 

ミュージアム「ニフレル」では、営業152日で来館者が100万人を達成、エキスポシティ全体でも平日、休日ともに混雑しているといった大盛況ぶり。
さらに2016年7月には日本一の高さの観覧車「オオサカホイール」が完成予定なので、これからさらに集客が見込まれる予想です。

 

ということでエキスポシティは文句ナシ、大流行ですね。

今後さらに勢いを増していきそうです。


 

・北海道新幹線


 

北海道新幹線は2016年3月26日開業。東京から函館を約4時間で移動できるようになりました。
移動時間はもちろん、他の魅力は、

・近未来感とスピード感があふれる外見

・最上級のグランクラスにはテーブルや乗務員呼び出し機能が搭載

・普通席でも1メートル以上のゆとりあるシートピッチ

・新函館北斗駅や奥津軽いまべつ駅などの停車駅も改装され魅力的

などあります。
開業日から4月までの期間は予約率が25パーセントといった低迷を見せていたようですが
GW初日の29日には乗車率が80パーセントに達する盛況ぶりとなったようです。

夏になれば北海道への観光客が増えることも予想されます。
よって、北海道新幹線に関してはこれから流行る見通しですね。

 

グランピング

 

『グラマラス』と『キャンピング』が合わさった新感覚の宿泊施設
高級ホテルと自然が一度に体験できる施設になっています。

グランピングの魅力は、

・日本ではあまり味わえないキャンプが手間ナシでできる

・場所によってはボート体験やフラワーウォッチングなどができる

子どもが楽しめるイベントが毎晩行われている

・道具レンタル、BBQ用の食べ物など別売りされており、自由度が高い

 

グランピングを行っている宿泊施設は日本各地にありますが、現在お盆の長期連休でさえ既に予約がとれない状態の施設も多いそうです。

実は私も去年に流行を先取りしてグランピングに行ってきたのですが、全施設予約済みの盛況ぶりでした。
行ってきた際の体験と感想の記事には、グランピングのことがさらに詳しく書かれていますので、良ければそちらもご覧ください。
グランピングの楽しみ方。実際にBBQやボートを体験した感想【伊勢志摩】

 

と、いうことでグランピングも文句ナシの大流行ですね。これから人気旅行先として定着していくのではないでしょうか。


 

・結果

結果は、2016年当初に流行すると言われていたものの4分の2は間違いなく流行していました。
さらにまだ流行していないものも、これから目を離せません。

2016年の半分は終わりましたが、下半期はどういったモノが話題になるでしょうか、楽しみですね。

 

 

 


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメント

  1. yutorikawa より:

    少し早いですが、2016上半期の流行をまとめてみました。

コメントを残す

*