「趣味が欲しいけどできない」という人は趣味を探す事をやめればいい

paso

『趣味ができない』っていう人は
結構いますよね。

私もそうでした(笑)

 

『よし、ネットで趣味を探そう』
・・・ていうのはちょっと待ってください。
趣味ってさがすものじゃないんです。


趣味を作りたいと思うのなら、
趣味をさがすことをやめましょう。

 

今回は、趣味の無かった私が
ムリに趣味を作ろうとした
苦い体験をふまえて

 

趣味について私の考えを
話していきたいと思います。

 

 

 

・趣味をつくろうと思った
きっかけは?

douki

『趣味をつくろう!』と思った
きっかけは何でしょう?

 

「暇な時間が多いから」とか
「友達を増やしたい」とか

男性なら
「異性にモテたい」とか
あるかもしれません。

 

バッサリ言ってしまいますと、
目的があるものは
趣味とは言えません・・・。

 

 

趣味は暇つぶしの道具や
自分のステータスになる
ものではないんです。

 

趣味とは
好きで好きで仕方ないもの。

 

 

例えば趣味がサイクリングの場合
『サイクリングをしているときは
最高に楽しくて、
他に何もいらない。』

趣味それ自体が目的になります。

 

 

とは言っても、
「暇つぶしでやり始めたら
楽しかった」

「友人から誘われて入った」

という事で趣味ができる
人もいるとは思うのですが・・・。

 

恐らく「趣味ができない」人は
ある問題に引っかかります。

・動機のある趣味は続かない

mmm

ある問題とは、
長続きしないということ。

 

例えば
「ギターの音が好きだし、
自分もギターを弾けるように
なりたい」

という人と、
「異性にモテたい。
ギターを弾けたらかっこいいし、
趣味にしよう」

という人がいたとします。

 

 

二人ともギターのやり始めは
なかなかうまく弾けません。

 

ギターが好きな人は、
熱心に練習して上達するでしょう。

一度上達してしまえば
楽しくなって夢中になります。

 

いっぽう、異性にモテたい人は
自分には向いていないかも
他にもモテる趣味はあるし、
他のものを趣味にしよう・・・。

 

という風に、
趣味に動機をつけてしまうと
長続きしない可能性が高いです。

 

ギター自体が目標なら
壁にぶつかっても乗り越えるしか
ないですが、

他に目的がある場合は
ちがう道を探してしまいます。

 

 

仮に「異性にモテたい」
という理由でギターを始め
挫折せずにギターが上達した場合、

上達したときには
ギターに夢中で、モテたい気持ちは
忘れ去っていると思います。

 

 

好きでもないのに
続けられる

そんなストイックな人って
なかなかいないと思いますが・・・。

 

 

 

・趣味を探すのは
なぜ間違い?

 

 

趣味の動機について
長々と語ってきましたが、

結局趣味に動機なんて
いらないものです。

 

 

趣味を探すということは
どうしても動機がついてしまいます。

 

 

先にも言ったように
ストイックな人であれば
動機があっても根気強く

ひとつのことをできますが、
「趣味ができない」という人は
間違いなく飽きっぽいです。

 

 

何かにのめりこむ前に
冷めてしまう。

そしてまた新しい趣味を探す。
この繰り返しでは絶対に
趣味はできません。

 

私も大学生時代、暇がツラくて
ネットで趣味を探していた
時期があったのですが、

ちょっとかじって
『向いてないな』『楽しくないな』
といってまた違う趣味を探す、

というスパイラルに陥っていました・・・。

・自然とできるものが趣味

 

動機もなくただそれだけを
夢中でやっているのが趣味。

 

ふと気が付いたときに
「漫画ばかり読んでる」

そういえば毎日
「休みに旅行に行くことばかり
考えている」

というような
気づけば夢中になっていたり、
待ち遠しくなったりするのが
趣味といえるでしょう。

 

 

 

 

・本当に趣味がない?

hatena

暇なときに何をしていますか?
思い出してみてください。

 

『テレビを見てる』
『ゲームをしてる』
『寝ている』

 

何もしていないってことは
ないでしょう。

 

そして思い出してみて
その時間は苦しかったとか
無駄だったとか感じますか?

 

感じなかったとしたら、
それが趣味です。

 

 

苦しかった、無駄だったと
感じた人は
何をしていたら苦しくなかった
無駄ではなかったと思いますか?
思い浮かんだものが趣味です。

 

何も思い浮かばないという事は
ないでしょう。

『友人と遊ぶこと』
『仕事すること』
『勉強(自己投資)すること』

 

今は趣味とまではいえない
というものでも、
やり続ければ
何でも趣味になります。

 

 

 

・もっと趣味が欲しい!

 

現在趣味があるにしても、
ちがう趣味が欲しい!という人は

 

 

今ある趣味から派生させて
趣味を作りましょう。

 

例えば私は、
車のドライブが好きだったので、

ちょっと遠出してみたら
現在は旅行も趣味になりました。

 

また、大学生時代
レポートを書くのが苦では
なかったので、ブログをやってみたら

最近は夢中で書いてます。

 

こんな風に、
現在ある趣味を少し広げて
新しい趣味を引き出しましょう。

・まとめ

「趣味ができない」という人は
他の人より「趣味が欲しい」という
願望が強い傾向があります。

でも、ムリして趣味を探しては
見つからなかったり、
長続きしないでしょう。

 

ですから無理に趣味を探さず、
現在の自分にも趣味がある
ということを理解して、

それを広げて新しい趣味に
つなげるというやり方が

新しい趣味をみつける
いちばんの近道でしょう。

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメント

  1. yutorikawa より:

    趣味が無いといってネットで探してもダメだった私の経験をふまえて、どうしたら趣味ができるのかを考えました。

コメントを残す

*