英語応対能力検定の評判は?受けて役に立つ資格である事は間違いない

male

日本には現在、英検と言われる
『実用英語技能検定』と、

国際的なコミュニケーション能力を
測る『TOEIC』という

超有名な二つの英語能力試験が
ありますよね。

そんな中、三つの有名大企業が
協力し作り上げた新たな英語検定
『英語応対能力検定』が、

2017年3月からスタートしています。

今回はそんな新しい資格である
英語応対能力検定について
紹介していきます。

 

・英語応対能力検定って?

male

英語応対能力検定は、
英語を『聞くこと』『話すこと』
二つに特化した検定。

英検やTOEICで重視されている
英語の『読み』『書き』が
一切ない新しい検定です。

つまり、学生のときにしたような
文法や速読などの力は
全く必要としない検定になります。

なぜこのような内容の
検定なのでしょうか?

 

そもそもこの新しい資格が
誕生した理由は、

今までの英語能力とは違った能力
求められているからなのです。

 

日本に来る外国人観光客が
増加し、さらに2020年の
東京オリンピック

さらに外国人観光客は増えると
見込まれています。

 

日本政府も外国人観光客を
さらに増加させる目標を立てており、

日本人の英語による
コミュニケーション能力の向上
求められているのです。

 

外国人観光客との
コミュニケーションにおいて
最も重要なのは、

『聞くこと』と『話すこと』
ですよね。

このような背景があって
生まれたのが
『英語応対能力検定』なのです。

・ビジネスにも、遊びにも?

female

英語応対能力検定は、
6種類の科目があり、
どれを受験するかを

選ぶことが可能です。

 

◆試験科目

・業種別

【販売】

【宿泊】

【飲食】

【タクシー】

【鉄道】

・一般

 

以上のような、

業種別5種+一般

の6種があります。

 

業種別はもちろん、
ビジネスにも役立つ検定です。

一般というのは、
一般的な英語の応対能力を
測るものです。

つまり、観光客がよく尋ねる事
(場所・行き方など)について、
応対できるかどうかを測るもの

言い換えれば
英語によるコミュニケーションが
取れるかどうか、ですよね。

 

英語によるコミュニケーション能力が
あがれば、外国人観光客とも
仲良くなれるし、

グローバルコミュニケーションの
入口とも捉えることができます。

つまり、英語応対能力検定は
異文化交流として、
遊びの道具にもなり得るワケです。

 

・英語応対能力検定の難易度

douki

以上のような、
ビジネスでもプライベートでも
活用できる英語応対能力検定。

その気になる難易度ですが、
かなり易しいもののようです。

しかし、易しいといっても
カンタンで誰でも満点取れる!
というワケではありません。

なにが易しいのか?
説明致します。

1、だれでも受験できる

例えば英検では、
一番級の低い4級でも
中学生レベルの英語力が必要。

TOEICはさらにレベルが高いです。

それに比べて
英語応対能力検定では、

実践的な英語能力を
「ひとことレベル」から判定

つまり、英検やTOEICでは
測定不能なレベルの受験者でも

英語応対能力検定では
測定可能なのです。

 

2、段階評価とレポート

英語応対能力検定では
A~Dの判定付きで、
さらに結果レポートも頂けます。

自分が今、実践英語で
どのレベルなのか、何をこれから
すべきなのかを、

しっかりと教えてくれる仕組みに
なっているのです。

つまり、ビジネスでも遊びでも、
英語をこれから勉強したい
という方も受験可能です。

英検やTOEICでは
勉強⇒受験ですが、

英語応対能力検定では
受験⇒勉強という形がとれます。

 

先に受験して、レポートを
もらえば、モチベーションの
向上にもつながりますよね。

 

3、自宅受験で時間短縮

英語応対能力検定は、
試験会場へ行かず、
好きな時間に受験可能。

スマホやパソコンがあれば
誰でも受験できる資格です。

仕事や家事で時間が無い
という方も安心して受験できます。

・まとめ

いかかでしたか?
今はまだ知名度の低い資格で
履歴書に書いても

あまり評価されないかもしれない
資格ではありますが、

自分の実践英語応対力を知れる
今までにない資格です。

英会話力のモチベーション
向上にもつながります!

そういった点ではビジネスにも
もちろん有利になりますし、

グローバルコミュニケーションの
遊びのルーツとしても使えます。

 

私も次回受験するつもりですので
受験したらまた報告させて
いただきます!


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*