父の日に革小物をプレゼントする時のおすすめブランドまとめ

父の日のプレゼントの定番として、革小物があります。

でも、父親の世代にぴったりの革小物のブランドって
分からないですよね。

今回は40代~50代向けの革小物ブランドについて
紹介していきたいと思います。

・日本ブランド

日本ブランドの特徴としては、
海外ブランドと比べて


高品質、低価格
で、
アフターサービスが万全という利点があります。

ただ、
シンプルで地味であったり、
知名度があまりないという特徴もあります。

・ココマイスター(Cocomeister)


出典:http://cocomeister.jp/store/default.aspx

 

日本の革小物といえばココマイスター

というほど近年人気になってきているブランドです。
ブライドルレザー』というイギリス産の革や、
マットーネレザー』というイタリア産の革など、

欧州の様々な種類の良質な革を、
日本の熟練職人が手作業で縫製しています

それにより良質な素材で、高品質の商品が作られているのです。

しかしながら価格も安価であり、
革を活かしたシンプルなデザインなので
20代から50代まで、幅広い年齢層に人気のブランドです。

 

さらに最近、比較的安価な『パティーナレザー』、
希少価値のある高級な『コードバンレザー』も新発売ということで、

そちらもプレゼントの候補として
要チェックです。

価格
小銭入れ・・・7,500円~
財布・・・20,000円~

ココマイスター公式ホームページ

 

・ガンゾ(GANZO)


出典:http://www.ganzo.ne.jp/

ガンゾというブランドも、ココマイスターと同様、

『ブライドル』『コードバン』といった欧州の高級革を
日本の職人が手掛けて小物を作っています。

ココマイスターとの最大の相違点は、
ガンゾの財布はビジネスシーンで使えるように
厚みのない財布を作っているという点です。

ガンゾの人気商品である財布『シンブライドル』(シンは薄いの意味)は、
財布の厚みが1.2センチという圧倒的な薄さで、

スーツのポケットにも入るように作られています。

 

ただ、薄い財布の欠点がひとつ
小銭が入らないという事です

私は現在『シンブライドル』を愛用しているのですが、
それとは別に小銭入れを使っています。

しかしながら、財布とは別に、ガンゾの小銭入れ
ビジネスシーンに合ったシンプルでコンパクトな作りになっているので、
そちらもプレゼントに最適だと思います。

価格
小銭入れ・・・12,000円~
財布・・・27,000円~

ガンゾ公式ホームページ

 

・ヘルツ(HERZ)


出典:http://www.herz-bag.jp/webshop/

ヘルツというブランドは、元は革鞄のブランド
現在は財布などの革小物も手掛けています。

 

ヘルツの特徴は、丈夫さと機能美です。

機能美の具体的な例を挙げますと、

 
財布の中のものを取り出しやすいよう、
財布が大きく開く作りになっている

収納スペースに工夫があり、
お札とレシート等を別々に収納できる

 
というようなものです。

 

 

父親世代になりますと、
デザインやブランドよりも
使いやすさを重視する方が多い
と思われます。

 

そのため、
ブランドに興味が無い父親への
プレゼントに向いています

 

 

ただ、欠点として
機能美を追求したため、
財布自体が大きめで、
収納しづらい
という点があります。

 

ですから、財布をポケットに入れる
タイプの方にはあまり向かない
でしょう。

 

 

価格
小銭入れ・・・2,000円~
財布・・・10,000円~

ヘルツ公式ホームページ

 

 

・ポーター(PORTER)


出典:http://www.yoshidakaban.com/index.html

日本を代表するバッグブランド、ポーター。
安価で高品質の財布を提供しています。

数十のポーターブランドを展開しており、
ナイロン素材から革素材まで
様々な商品があります。

 

そのため
一通り商品に目を通すことが困難なのが欠点ですが、

 

 

安さと品質の良さは折り紙つきですし、

 

デザインもシンプルなものから
デザイン性の強いものまであるので、
時間をかけて探せば、
父親にピッタリの物が見つかる
かもしれません。

 

 

ただ、ブランドとして知名度はあるのですが、
高級なイメージがあまりない為、

 

革にこだわりがあったり、
ブランドに関心のある父親への
プレゼントには向かないでしょう。

価格
小銭入れ・・・6,000円~
財布・・・10,000円~

ポーター公式ホームページ

 

 

・海外ブランド

海外ブランドの特徴は、
日本ブランドと比べて

知名度が高く、
持っているだけでステータス
になるものが多いという点。

 

また、それぞれのブランドが
独自のデザインを持っており、
一目で「あのブランドだ」
分かるという点があります。

 

また、価格が高かったり
日本ブランドと比べて
アフターサービスが良くな

といった欠点もあります。

 

・ホワイトハウスコックス(Whitehousecox)


出典:https://www.frame.jp/
イギリスのブランド、
ホワイトハウスコックスは
ブライドルレザーを使用しています。

 

ガンゾなどの日本ブランドとの違いは、
ロゴマークが大きく付いていたり、
ジッパーに特徴がある
などの
独創性があるという点です。

 

ガンゾやココマイスターは
シンプルなデザインですが、
悪く言うと個性がありません

といっても
ホワイトハウスコックスは、
海外ブランドの中ではシンプルなデザインです。

 
個性を持たせつつ、そこまで
派手にはしないちょうど良いデザイン
になっています。

 

価格も海外ブランドの中では安価な方です。

価格
小銭入れ・・・15,000円~
財布・・・30,000円~

 

ホワイトハウスコックス公式ホームページ

 

・ダンヒル(dunhill)


出典:https://www.dunhill.com/jp

 
エレガントな男』のイメージを持つダンヒル。
皇室のご用達としても知られています。

 

ダンヒルの革は傷やシワがつきにくく、
類を見ない高品質さ
が特徴です。

 
デザインはシンプルです。

ホワイトハウスコックスと同じで、
シンプルの中に独創性を持たせているので、
ロゴマークや模様などにデザイン性があります。

価格は海外ブランドの中では安価な方です。

価格
小銭入れ・・・15,000円~
財布・・・35,000円~

ダンヒル公式ホームページ

 

 

・ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)


出典:http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

世界的に有名
フランスのブランド、ルイ・ヴィトン。

独特なデザインと
圧倒的な品質
が特徴です。

 

また、
財布の素材を
10種類から選ぶことができ、
中にはシンプルなデザイン
もあります。

 

品質に置いては本来革製品が
苦手とする水にも強く、

撥水性があります

 

価格はハイブランドなだけあってかなり高値です。

 

価格
小銭入れ・・・30,000円~
財布・・・65,000円~

ルイヴィトン公式ホームページ

・バーバリー(BURBERRY)


出典:https://jp.burberry.com/
バーバリーはイギリスのハイブランド。
現在は若者にも人気のあるブランドですが、
元は年配の方に人気のブランドでした。

バーバリーの男性向け商品には
日本に展開する『ブラックレーベル』
というブランドを展開しています。

そちらは比較的安価で
若者向けのブランド
です。

 

そしてもうひとつ、男性向けの
『ロンドン』というブランドがあるのですが、
そちらが年配の方向け(父親向け)。

 

『ロンドン』の財布には、
バーバリーチェック
ともいわれるバーバリー固有のチェック柄があり、

 

一目でバーバリーとわかるデザイン
になっていますが、

 

それでいて落ち着いたデザインの為、
年配の方のおしゃれな
財布の定番
となっています。

 

 

価格(バーバリー・ロンドンのみ)
小銭入れ・・・30,000円~
財布・・・50,000円~

バーバリー公式ホームページ

・まとめ

いかがだったでしょうか。
日本ブランドと海外ブランドを比較すると、

・日本ブランドは安値だが、知名度は低くデザインも極めてシンプル

・海外ブランドは知名度が高くデザイン性があるが、高値

 

今回紹介したブランドのそれぞれの特徴は、

・ココマイスター・・・高品質で安値。デザインはシンプル。

・ガンゾ・・・高品質、安値。デザインはビジネス用のため厚みが薄い。

・ヘルツ・・・丈夫さと機能美を追求。大きめの財布。安値。

・ポーター・・・安値。デザインが様々。高級なイメージは薄い。

・ホワイトハウスコックス・・・高品質で海外ブランドの中では安値。デザインは派手すぎない。

・ダンヒル・・・高品質。デザインはビジネス用でシンプルであり厚みが薄いが、個性はある。

・ルイヴィトン・・・ハイブランド。撥水性のある革に、ヴィトン独特のデザイン性がある。

・バーバリー・・・ハイブランド。落ち着いたデザインだが、バーバリーチェックがある。

という感じです。
あなたのお父さんに合う、ぴったりの財布を見つけてくださいね!


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*