2017年祇園祭の全日程!初めての人はここで見どころチェック!

gion1

祇園祭はユネスコ無形文化遺産
にも指定されている、
日本最大級の祭り

 

祇園祭の魅力の一つは祭りの長さ。

7月の間ずっと、1か月かけて
祭事が開かれるんです。

1か月間もの長い間、
どんな行事が行われているの?

ということを調査しました!

・1か月の主な行事は?

前半

行事名 日程(7月) 時間 場所
吉符入 1日~18日 場所で異なる 各山鉾町
くじ取式 2日 10:00~ 京都市役所
お迎え提灯 10日 16:30~20:00 (後述)
神輿洗 10日 20:00~ 四条大橋
前祭・鉾建 10日~11日 場所で異なる 各山鉾町
前祭・山建 12日~14日 場所で異なる 各山鉾町
稚児社参 13日 11:00~ 八坂神社
前祭宵山  14日~16日  18:00~  八坂神社
四条通
 山鉾巡行  17日  9:00~  (後述)

 

 

 

後半

 

行事名 日程(7月) 時間 場所
神幸祭 17日 16:00~ 氏子町
後祭・山鉾建 18日~21日 場所で異なる 各山鉾町
後祭宵山 21日~23日 18:00~ 八坂神社
四条通
山鉾巡行 24日 9:30~ (後述)
花傘巡行 24日 10:00~ (後述)
還幸祭 24日 17:00~22:00 氏子町
神輿洗 28日 19:00~ 四条鴨川

・吉符入(きっぷいり)・・・祭り無事を祈る行事。

 

・くじ取り式・・・山鉾巡行の順番を
くじにより決定する行事。

 

・神輿洗・・・お迎え提灯の間に、
四条大橋にて神輿を洗う行事

 

・山建、鉾建・・・各山鉾町で
山鉾を組み立てる行事

 

・稚児社参・・・長刀鉾に乗る稚児が
八坂神社に参拝する行事

 

・神幸祭・・・3基の神輿が
氏子町内を歩く行事。
16時に八坂神社を出発。

 

・還幸祭・・・中御座、西御座、東御座という3基の
神輿が御旅所を出て、氏子町をまわり神社へと
還る行事。

 

・神輿洗(後祭)・・・鴨川の水で神輿を洗う行事。
20時に神社へ還り、祇園祭の幕引きとなる。

 

 

・主な見どころは?

 

 

・神輿をお迎えする行列
「お迎え提灯」が祭のはじまり

gion1

神輿洗式の神輿をお迎えする行列。
華やかな衣装を着た
300人もの子どもを加えた人々

行列をつくって町を歩きます。

 

行列は八坂神社を朝8時半に
出発し、
12時間かけて戻ってきます。

 

京都市役所前では、
式典と舞い踊りが行われます。

 

さぎ踊、小町踊、祇園音頭
といった伝統ある踊りを

17時半~18時半に見れます

 

また、八坂神社には20時半に到着予定ですが、
到着後にも能舞台にて舞い踊りがされます。

前祭宵山

 

祇園祭のメインイベント。
宵山と山鉾巡行が祇園祭の
メインなんです!
宵山と山鉾巡行については
こちらで解説しました

祇園祭のメイン『宵山』と『山鉾巡行』

 

 

前祭宵山は毎年
いちばんお客さんが来る期間です。

 

2017年祇園祭を混雑を避けて歩くには

 

 

 

 

 

 

 

・祇園祭イチの華やかさ!
「花笠巡行」って?

花笠を被った方を中心として
祇園ばやし、稚児、
舞妓さん、武者などが総勢1000人
行列をつくり
京都の町を歩く行事。

 

厳格な様子の山鉾巡行と比べると、
とても華やかな行事です。

 

 

様々な格好をした人々が1000人の
行列をつくって町を歩く様子は
観る価値アリですよ!

 

 

ルートは次の通りです。

御旅所出発(17:00)→八坂神社(22:00)

 

 

・まとめ(見どころ)

いかがだったでしょうか。祇園祭には
様々な行事があり、それぞれ
違った見どころがあります

 

観客にとって特におすすめだと思う行事は、

  • お迎え提灯(10日)
  • 宵山(14日~16日、21日~23日)
  • 山鉾巡行(17日、24日)
  • 花笠巡行(24日)

 

 

それぞれの見どころは、

 

 

・お迎え提灯・・・300人の行列が町を歩き、
2か所の場所で舞い踊りを披露する。

・宵山・・・山鉾が町に置かれる。
山鉾では提灯に明かりが灯され
祇園囃子が奏でられる
15・16日歩行者天国になり、
屋台露店が立ち並ぶ。

・山鉾巡行・・・23基の山鉾が町を巡る。
山鉾を回転させる儀式、辻回しが行われる。

・花笠巡行・・・総勢1000人もの行列が、
華やかな衣装をまとって町を巡る。

 

 

全部見たいですけど、そうはいきませんから
「これだけは見たい!」という
行事の日に行って
祇園祭を堪能してください!

 

 


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメント

  1. yutorikawa より:

    京都市で毎年開催される祇園祭についての記事です。この記事を読んでいただければ、祇園祭を十二分に楽しめると思います。

コメントを残す

*