京都の和洋菓子屋『ジュヴァンセル』土産で一番おすすめのケーキは?

juvan

夏が終わり秋になりましたね。
もうすぐ行楽シーズンです。

行楽シーズンになると、
京都に遊びに行く方は
多いのではないでしょうか?

(京都は年中観光客が多いですが)

もちろん、京都に何度も
行っているという人もいるでしょう。

そんなときに迷ってしまうのが
お土産ですよね。

毎回同じものをお土産にしていると
飽きられちゃうかもしれません。

 

ということで今回は
京都土産の中では珍しい
『和洋菓子』のお店、

『ジュヴァンセル』について
紹介していきたいと思います。

 

 

・ジュヴァンセルとは?

juvan

公式サイトはこちら

 

ジュヴァンセルは、1988年
誕生した和洋菓子店。

洋菓子に和を加えた土産物の
お菓子が数多く作られています。

店舗や取扱店を合わせると
京都市内に5つ

京都駅直結のJR伊勢丹でも
売られているので
お土産にちょうどイイですね!

 

JR伊勢丹店の
どこにある?

isetan
画像出典:kyoto.wjr-isetan.co.jp

 

伊勢丹B1Fのエスカレーター下り付近
にジュヴァンセルがあります。

エスカレーターを降りてすぐに左、
そしてまたすぐに左へ行くと
右手にありますよ。

 

 

◆祇園店にはカフェも併設

八坂神社から南へ徒歩5分程度の
所には、ジュヴァンセルのカフェ
あります。

他の店舗で土産に売られている
ものはもちろん、

カフェでしか食べられない
『祇園フォンデュ』という

抹茶チョコソースに
果物や団子などを付けて食べる
というメニューがあります!

私はまだ食べたことがないんですが
必ず近いうちに食べたいと
思います・・!

 

また、ごく最近には
平安神宮前にも新店舗+カフェが!

こちらも要チェックです!

・ジュヴァンセルの
おすすめは?

ジュヴァンセルには
ケーキをメインとした
様々な和洋菓子があります。

そこで、ジュヴァンセルの
お菓子を一通り食べた私が
おススメするベスト3を紹介します。

 

◆3位、翠一福

midori

値段:1,890円

 

翠一福(みどりいっぷく)は、
クグロフに和の要素が入った一品。

クグロフとはドイツ発祥のお菓子。
ドイツのクリスマスには必ずこの
クグロフが並びます。

しっとりとした生地に、普通は
アーモンドやナッツが入っています。

 

この翠一福は見ての通り抹茶味
中には大きな黒豆が入っています。

生地の上には抹茶チョコレート
かけられており、とっても濃厚。

クグロフなので、クリスマスに
買ってみるのもいいですね。

 

 

◆2位、竹取物語

taketori

値段:2,700円

 

ジュヴァンセル一番人気の商品、
竹取物語(たけとりものがたり)。

しっとりとしたパウンドケーキ
和栗や黒豆がたっぷり
入っています。

かなり大きくて、食べ切れるかな
というサイズなのですが、

甘さひかえめの上品な味わいで
しつこくなく食べやすいですよ。

 

ただ、ちょっと値段が高いかなーと。

 

 

◆1位、さがの路

saga

値段:432円

 

レアチーズケーキを笹の葉に
くるんだ、さがの路(さがのみち)。

普通のチーズケーキではなく、
ケーキの上には
中にも団子が入っています。

団子といっても箸で切れるくらいの
弾力にしてあって、
ケーキと合うように作られています。

普通に買うケーキよりも安い値段
かなりおいしいです。

私のイチオシは『さがの路』ですね!

◆他にもたくさんのお土産

ジュヴァンセルには他にも
たくさんの種類のお菓子があります。

daman

こちらはダマンドトリオという
ひとくちサイズのケーキ。

伊勢丹では8個入り1,512円から
買うことができます。

店舗ならバラ売りしてます。

 

momomo

matya

季節限定のケーキもいろいろ。

画像はないのですが、
ゼリーやクッキーなどもあります!

 

 

・まとめ

いかがでしたか?

京都のお土産を買う時に
ケーキを買うという選択肢
今までなかったのでは?

ジュヴァンセルのケーキは
京都の要素も取り入れた
京都ならではの洋菓子です!

一度買ってみては
いかがでしょうか?

 

他の京みやげとして
よろしければコチラもどうぞ

然花抄院の『然かすてら碾』


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*