ハロウィン仮装しないで行くのアリ?派手嫌いの為のちょっとした仮装

mizaru

近年注目され始めたハロウィン。

仮装した集団がお祭り騒ぎして、
とっても楽しそうですよね。

そんなハロウィンにまだ行った事は
ないけど参加したい、
ちょっと顔を出してみたい!

という方も多いと思います。

 

中には、
「仮装はしたくないけど
雰囲気だけは感じたい」とか

「時間がないからサッとできる
仮装ってないかな」

考える方はいるのではないでしょうか?

 

そんな方のために今回は
「仮装せずハロウィンに参加できるか」、
「短時間でできるちょっとした仮装」

このふたつについて
調査しました!

 

 

・仮装せずハロウィンの街へ

 

 

ハロウィンになると仮装した人で
いっぱいになる渋谷。

この写真を見ると、
普通の服の方もたくさんいますね。

 

分かっているかもしれませんが、
このように仮装をせず街に出ても
浮いてしまうようなことはありません。

むしろ仮装している方のほうが
少ないくらいです。

 

テレビで見ていると
街にいる全員が仮装しているのでは?

と思ってしまうのですが、
全然そんなことはありません。

 

しかし、深夜になってくると
ハロウィン目的以外の方は減り、
仮装をした人の割合が増えてきます。

そのため深夜は仮装をしてないと
ちょっと浮いてしまうかも?

 

そんなときは、カメラ片手に
街を歩きましょう。(スマホでもOK)

カメラを持って街をうろうろしていれば
「あ、この人は仮装を撮る専門の人だ」

と、皆そう考えてくれるので
白い目で見られる心配はありません!

 

ただ、実際に仮装の方々の
写真を獲る際は
撮影許可をもらいましょうね。

・ハロウィンイベントで
仮装しない

usiroyubi

 

ハロウィンイベントでは、
モノによっては仮装をしなければ
ならないイベントがあります。

 

◆クラブやライブハウスの
ハロウィンイベント

クラブやライブハウスといった
誰でも来れる場所で行われる
ハロウィンイベントは

入ることが可能な所は多いでしょうし
浮くこともないでしょう。

 

ただ、場所によっては入る前に
『仮装していないと入場禁止』という
ルールがあるところもあります。

 

こういったルールは

仮装しない人がいると
”場がしらけてしまう”というのを
危惧して設けられたものでしょう。

「なぜ入れないんだ」と
腹を立てないようにしましょうね。

ハロウィンの日に、クラブなどに
行こうと考えているときは
事前に詳細をチェックしておきましょう。

 

 

◆パレード参加は仮装しよう

pare-do

 

ハロウィンパレードなどに参加する際は
絶対に仮装しなくてはなりません。

パレードの場合は観客がいますからね。
仮装せずに出ることは許されません。

 

しかし、子どもの付きそいや、
友人との付き合いなどで
望まないパレード参加を

せざるを得ない方もいるでしょう・・。

 

ということで、恥ずかしがり屋な方も
”目立たない”

準備の時間がない方でも
”すぐにできる”

ちょっとした仮装について
紹介していきます。

・目立たない仮装=
すぐにできる

mizaru

 

 

目立たない仮装というのは、
準備の時間もかかりません。

さらに費用も抑えることができるので
ハロウィンにあまり
積極的でない方は一石三鳥です。

 

◆会場には更衣室がある

kouisitu

意外と知られていないことですが、
ハロウィン会場にはだいたい
更衣室があります。

電車の中でも平気で仮装してる
人たちが居るから

目立ちたくない方の中には
「家から仮装して行かなきゃダメなんだ」

と、カン違いしてしまう
人も多いですが、大丈夫です。

ただ、更衣室や化粧室は
確実に混み合うので、
それは視野に入れておきましょう。

 

 

◆手の抜きすぎは
かえって目立つ?

あまりに普段の格好と変わらないとか、
コンセプトが分からない格好をすると

会場で悪目立ちする可能性があります。

 

それだけでなく、場の雰囲気まで
悪くしてしまったりもするので、

コンセプトはしっかり、
できるだけ似せるようにしましょう。

 

こう言うと、

「できるだけ似せると、
目立つ格好になるのでは?」

と考える方もいるかもしれません。

 

でも、コンセプト自体が
目立たないものであれば
注目はされにくいです。

 

ということで、
目立たないコンセプトの仮装を
男女別に紹介します。

 

◆控えめな仮装(女性)

kasou

 

女性なら魔女をモチーフにすると
あまり目立たないです。

魔女は黒ずくめ、大きな帽子という
目立ちにくいものがシンボル。

 

魔女の帽子なんかは
パーティーグッズとして購入可能ですし
着るものは黒マント1枚で

その下は私服でもOK。

 

あとは大きなホウキか杖を持てば完成。
カンタンで目立ちにくいですが
クオリティも決して悪くないです。

 

 

◆控えめな仮装(男性)

プリント

男性の場合は英国紳士
モチーフにした格好が良いでしょう。

ハットを被って、あとは
スーツを着るだけで大丈夫。

 

物足りなさを感じる場合は、
パーティーグッズのヒゲ
鼻めがねなどを使ったり、

をついたりしても良いでしょう。

 

スーツのネクタイを
蝶ネクタイに変えるのも
仮装っぽくなって効果的です。

・まとめ

いかがでしたか?

 

◆仮装の有無

・ハロウィンでにぎわう街
仮装しなくてOKだが、
深夜は仮装の人ばかりで
浮く可能性アリ

・クラブやライブハウス
基本的に仮装しなくてOK
場所によっては強制の場合アリ

・パレードなどに同伴参加
仮装しないのはNG

 

 

◆目立たない知識

目立たない仮装=楽、安価

・会場には必ず更衣室がある

手の抜きすぎは逆に目立つ

コンセプトが無くても目立つ

・目立たないコンセプト
⇒女性は魔女
⇒男性は英国紳士

 

付き合いや付き添いで
望まないハロウィン参加は
あると思いますが、

何とか乗り切って下さいね!

 

 

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*