ハイビームはなぜ定着しなかったのか。教習所で教えられた覚えある?

raito

最近、警視庁が
ハイビーム使用を呼びかけ、
話題になっています。

ある調査によると、

「夜間、歩行者が車にはねられ、
死亡するケースの96%は
運転手がロービームを使用していた」

ということらしいです。

 

交通事故を減らすために
警察が呼びかけをしているのですが、

実は、夜間のハイビーム使用は
元から法律で決められていたそう。

 

・対向車がある場合
・自分の前に車が走っていない場合

以上の状況以外は原則、夜間は
ハイビーム使用が義務で、

これを破ると5万円以下の罰金
ということです。

 

では、どうして
今まで夜間のハイビーム使用が
定着していなかったのでしょう?

今回はそのことについて
紹介します。

 

 

・教習所のハイビーム
教育が難しい

kyousyuu

『教習所で夜間のハイビームを
使用しろという教育を受けた!』

と記憶に自信のある方は
いるでしょうか?

・・・多分かなり少ないと思います。

 

恐らくそれは、
『実践で教えることが難しい』から
だと思われます。

座学では
『夜間では原則ハイビーム!』
と教官は言っていたかもしれません。

が、教習所の座学のお話を
しっかり覚えている方なんて
絶対いませんよね。

しっかりと頭に残すためには
やはり実際に運転するときに
指導されるべきなんです。

 

しかし、実際の運転の際に
ハイビームの指導を受ける方は
ほとんどいません。

なぜかというと、夜間に車通りの
少ない道を走行するという
シチュエーションがないからです。

 

教習所から出て運転をする際、
周るコースは基本的に街中。

ハイビームは、
・対向車がある場合
・自分の前に車が走っていない場合

には点灯してはいけないので、
街中ではロービームです。

 

山道を走る教習もありますが、
だいたい1回でしょう。

その1回は高確率で
昼間の教習です。

 

このように、実技教習において
ハイビームの指導がされないために
定着していないと考えられます。

・ハイビームに関する
取り締まりについて

pato

次は警察の取り締まりについて。

先にも挙げたよう、
ハイビームは

・対向車がある場合
・自分の前に車が走っていない場合

に点灯です。

 

この条件を満たしているときって
なかなかありませんよね。

警察が夜間に巡回していたとしても
この条件下にある車を見つけるのは
かなり大変なんじゃないでしょうか。

 

取り締まりがないと、人間やっぱり
守らない人が多いです。

似たようなものを挙げると、
一般道路での後部席のシートベルト。

一般道路でも後部座席の
シートベルトは義務化されています。

しかし、違反点数などは無く、
取り締まられる恐れはないので
守っている人はかなり少ない

 

今回の呼びかけで
ハイビームが定着しない場合は
取り締まりをした方が良いのかも。

・まとめ

以上が私の考える
ハイビームが定着しない理由です。

正直、ほとんど使っていない人も
多いのではないでしょうか。

 

しかし事実として、
死亡事故を招くのは
ハイビームを使わない車両。

このことをしっかりと念頭に置いて
暗い夜道はとくに

ハイビームで走行することを
心がけていきましょう。

(対向車が来たら
消すことも忘れずに)

 

車に関する関連記事

初心者用レンタカー店はある?

車の旅行での節約術


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*