少年ジャンプをジャンプ+(スマホ)で購読した方がいい7つの理由。

tabre

人気週刊誌『少年ジャンプ。

毎週楽しみにしている方も
たくさんいるのではないでしょうか。

 

もちろん私もその中の一人。
かれこれ7,8年毎週欠かさず
読み続けています。

そんな『少年ジャンプ』、
私は1年ほど前から

”電子書籍”で読んでいます。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが
『ジャンプ+(プラス)』という
スマホアプリ内で

購読が可能になったのです。

 

1年間「スマホ版ジャンプ」を読んで
紙版よりはるかに便利だと感じています。

 

今回は
「少年ジャンプ」の電子書籍版が
良いといえる7つの理由について

紹介していきます。

 

 

・”スマホ版ジャンプ”を
おススメする7つの理由

紙版ジャンプから
”スマホ版ジャンプ”にした場合
7つのメリットが生まれます。

 

確かにデメリットも存在しますが、
デメリットについても
後記させていただきます。

◆メリット1.読み返しがラク!

hondana

紙版で週刊誌を読んでいると、

「あれ?このマンガ先週どう終わったっけ?」
と思って読み返すとなると、

 

先週の号を探して

そのマンガが掲載されている
ページを探す

という流れが必要で、
時間としては5分ほど
かかってしまうでしょう。

 

それがスマホ版なら、

are

「これ、先週どう終わったっけ・・・」

sennsyuu

『バックナンバー』から
先週号をクリック

sensyu

先週号が表示されたら
左下の「目次」をクリック

mokuzi

「目次」をクリックすると
掲載順にマンガが並びます。

読みたいマンガをクリック。

watori

先週号を読むことができます。

この間、1分もかかりません

 

これはもちろん、先週号でなくても
2週間前、3週間前、半年前のものでも
カンタンに読み返すことができます。

どれだけ前のものでも簡単に
読み返すことができるということは・・・

次のメリットにつながります。

 

 

◆メリット2.
単行本を買う必要がなくなる

週刊誌を買っているのに、
その週刊誌に載っているマンガの
単行本を買っている方もいるでしょう。

 

そんな人の中には、週刊誌では
読み返すのに時間がかかったり
週刊誌を捨てていたりして、

”読み返すのが困難だから”という理由で
買っている人も多いと思います。

 

しかし、先に述べたように
スマホ版では読み返すのに
全く時間を必要としません。

単行本は購入すると結構高いですから
「スマホ版ジャンプ」は
お金の節約にもなるワケです。

 

 

◆メリット3.
値段が紙版より安い

紙版ジャンプは1冊255円

それに対して、スマホ版ジャンプは
定期購読1ヶ月間で900円

 

1ヶ月で刊行される数は4冊。
1冊あたりは900÷4で
およそ225円。

紙版とスマホ版では、
1冊30円も違うんです!

 

ジャンプは1年間でおよそ53号
刊行されるので、

1年間で約1,600円の節約に。

 

1,600円となると、おいしい外食が
できる値段ですから、

紙版にこだわりのない方なら
絶対スマホ版に変えるべきですね。

 

 

◆メリット4.かさばらない

yamadumi

紙版ジャンプは大きいので
毎週買っているとかさばって邪魔。

何年も買っていると部屋や
押入れのスペースが大部分
ジャンプに取られてしまうほど。

 

とくにジャンプを溜めていながらの
引っ越しは地獄です(実体験アリ)。

そんな目に遭わないためにも
スマホ版にすることをおススメします。

 

掃除を母親に任せている
学生の方も、お母さんに
喜んでもらえると思いますよ。

 

 

◆メリット5.
アンケートが出しやすい

anke

マンガの人気度を決定する
「ジャンプ」の読者アンケート

自分のお気に入りのマンガが
打ち切りにならないためにも
できるだけ出したいものです。

 

紙版で読者アンケートを出す場合は
50円切手を貼ってポストに投函

 

しかし、スマホ版の場合は
ネットで送信可能。

anke2

 

これによってアンケートを
投函するという手間が省け

さらに50円切手を買わずに
送れるようになりました。

 

私は紙版を買っている頃は
アンケートを出していませんでしたが

スマホ版にしてから
気軽にできるようになったので
出すようにしています。

 

アンケートを出せば
好きなマンガの打ち切り
止められますし、

抽選でプレゼント
当たることもあります。

 

 

◆メリット6.
買いに行かなくていい

紙版を買うには、最寄りのコンビニ
や書店に行かなければなりませんが
スマホ版は片手ひとつで購入可能。

家を出る必要がないという利点と、
さらにコンビニへ行ってムダな
物を買ってしまうのを防げます。

 

コンビニへ行くと、つい目当てのもの
以外でも何か買ってしまいますからね。

 

 

◆メリット7.
再生紙じゃないから読みやすい

紙版ジャンプって、紙の色が強くて
目が痛くならないですか?

紙のコストを抑えるために
安い紙を使用しているので
赤や緑のキツイ色なのだそう。

 

色のついた紙に印刷されたマンガ、
特に背景の書き込みが多いマンガは
とっても読みにくいです。

「この戦闘シーンどうなってるの?」

って思う事もよくあります。

 

それに比べてスマホ版は
are

はっきりしてますよね。

 

また、スマホ版なら読んだ後
ページをめくる親指が
黒くなってしまう事もありませんよ。

・電子書籍のデメリット

tabre

 

これまでたくさんのメリットを挙げてきた
「スマホ版ジャンプ」ですが、

電子書籍としてのデメリットが
いくつかあります。

 

 

◆付録はつかない

週刊誌でたまに付いてくる「付録」は
電子書籍にはついてきません。

ジャンプでもクリアファイルや
シールなどがたまーに付いてきますが

スマホ版では残念ながらもらえません。

 

 

◆見開きページが見れない

mihiraki

2ページにわたって描かれる
『見開き』のページは

電子書籍では見ることができません。

 

半分ずつしか見れないので
迫力が売りの見開きページは
ちょっと残念なことになります・・・。

 

 

◆スマホの容量を圧迫

とくに週刊誌は膨大なページ数あり、
1冊ダウンロードするだけでも
かなり容量を取られます。

スマホ版ジャンプで言えば、
1冊の容量は170メガバイト

1冊でパズドラなどの
スマホゲームと同じくらいの容量

 

容量に余裕のない方には
少し厳しい重さです。

 

 

・まとめ

いかがでしたか?

まだ紙版の方は、
少しでもスマホ版にしてみようと
思いませんでしたか?(笑)

 

デメリットもありますが、
メリットと比べれば小さなものですし、

これを機に『スマホ版ジャンプ』への
移行を検討してみてくださいね!


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*