敬老の日、2017年はいつ?その由来と何歳から祝うのかについて

bbf654ed7e2263bc5cf3f1178a9bd60b_s

5月の『母の日』や
6月の『父の日』と並んで
9月には『敬老の日』がありますね。

2016年は月18日が敬老の日。
毎年9月の第三月曜日になります。

ca

今回は敬老の日の由来や
「何歳からが敬老の日!?」という
疑問について調査しました!

関連記事
2017年のシルバーウィークはなぜ3日?

 

 

 

・敬老の日の由来
説がいくつか

 

 

敬老の日の由来ですが、
いくつか説がある
言われています。
それぞれ見ていきましょう。

 

・「兵庫県の村から
発祥」説

 

敬老の日は、
兵庫県の小さな村から
発祥
したという説があります。
(現在の兵庫県多可郡多可町)

 

村の村長さんは

「長く生きてる老人から、
昔から伝わる
知恵を
教えてもらいたい」


と考えました。
(おばあちゃんの知恵袋的な)

 

そこで、畑や田んぼの
仕事が落ち着く9月中旬の
9月15日を「としよりの日」として

15日にはお年寄りの方を祝い、
敬う
催しが開かれるように
なったそうです。

この「としよりの日」の名前が
変わり、現在の「敬老の日」
なったという説があります。

 

・四箇院制度の説

 

◆四箇院(しかいん)とは?

聖徳太子が四天王寺に建てた
といわれる施設。
敬田院・施薬院・
療病院・悲田院

の4つの施設からなり、
現代でいうと

敬田院=寺院

施薬院=薬局

寮病院=病院

悲田院=老人ホーム

といったものになります。

 

この四箇院が作られたのが
9月15日(本当かどうかは不明)
であり、

四箇院の中の悲田院が
老人を労わるためのものだから

このために敬老の日が生まれた
という説があります。

 

 

・養老の滝伝説が
由来の説

 

◆養老の滝伝説(要約)

昔、美濃(現在の岐阜)に
住んでいた男がおりました。

男は父親と2人暮らしで
貧しかったが懸命に親孝行
していたそう。

ある日男はひょんなことから
お酒が湧き出る場所を発見
(ココが養老の滝)

今まで貧しくて父親にお酒を
あげられなかったが、

これによって父親にお酒を
あげられるようになりました。

----

この話が広まり、そのときの天皇
に伝わると

9月に美濃に訪れ、

男の親孝行を見て神様が
ごほうびをくださったのだ

と言ったそうな。

 

この伝説から
親孝行⇒年寄りを労わる

となり、天皇が訪れたのが9月
ということから

現在の敬老の日となった
という説があります。

 

 

・どれが本当の説?

さて、3つの説をあげましたが
個人的な意見で言うと、

養老の滝伝説と
四箇院説は

”まず実際にあった出来事か
定かではない”

という点から
由来となった信憑性は低い
思われます。

 

逆に兵庫県の村の説は
しっかり記録が残っているので

これが本当の由来であろうと
考えられます。

 

他の方のブログの意見を
見ても、やはり

”兵庫の村が発祥”の説が

いちばん有力だと考えている
ようですね。

 

 

・敬老の日の日程が
変わった理由

そして現在のように敬老の日が
9月の第三月曜日になったのは、
2001年のハッピーマンデー制度から。

 

ちなみにハッピーマンデーで
祝日が毎年変動するのは、

 

◆ハッピマンデー

・成人の日(1月の第2月曜)
・海の日(7月の第3月曜)
・敬老の日(9月の第3月曜)
・体育の日(10月の第2月曜)

以上の4つです。

・何歳からが「老人」なの?

 

「義理のお父さんはまだ50代。
敬老の日に祝ったら失礼かな・・?」

「近所のお婆さんは70代だけど
孫はいない。祝ってもいいの?」

敬老の日にはこういった疑問が
あると思います。

 

どんな人を敬老の日に祝うべきか。

その考え方がいくつかあるので、
紹介していきます。

 

 

・世間の定義にしたがう

 

「老人」と同意義の言葉に
「高齢者」という言葉があります。

医療の場合や、
世界保健機関WHOでは

65歳からを高齢者として
定めています。

 

ですから、65歳以上の方に
『敬老の日』で祝っても
失礼にあたることはありません。

 

 

・還暦と同時に祝う

60歳になる年には『還暦祝い』
ありますよね。

還暦祝いは誕生日に渡すのも
良いと思いますが、

 

誕生日には普通に
「誕生日プレゼント」として贈り物を
渡して、

「還暦祝い」を敬老の日に渡すという
パターンでいきましょう。

 

そうすれば失礼にあたることは
ありませんし、

次の年からも自然に
祝ってあげることができます。

・孫ができたら

孫ができたら、孫の目線で見れば
『おじいちゃん、おばあちゃん』です。

孫ができるのが早ければ、
もしかしたら40代の人も
いるかもしれませんが、
孫がいる限りは全く
失礼にはあたらないでしょう。

 

もし、義理の父や義理の母が
若かったとしても

敬老の日には子供を連れていき、
子供から贈り物を渡してあげれば
絶対に喜ぶでしょう。

 

贈り物がなくても
孫の顔を見せてあげるだけでも
うれしいと思いますよ。

 

 

・まとめ

敬老の日2017は9月18日

毎年9月の第3月曜日

・由来には3つの説があるが
”兵庫県の村から広まった”説が有力

 

 

何歳から祝うか迷ったら

高齢者の定義65歳以上から

還暦祝いと同時に

ができたら

 

以上です!

「何歳から」についてですが
深く考えずに今回紹介したものは
あくまで参考として、

自分が「祝いたい!」と思ったら
祝っていいと思いますよ!

 


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*