敬老の日に食べたいものって何?グルメな物より祖父母が欲しい食べ物

wagasi

敬老の日に贈るものの
代表的なものに、
食べ物がありますよね。

実はお年寄りの方々も、
食べ物が欲しいと思っている
方は多いです。

さて、お年寄りが
喜ぶ食べ物は何でしょう?

 

・敬老の日には意外と
食べ物が欲しい?

2013年に日本生命が調査した
『敬老の日に贈られたい物』の
ランキングでは、

食べ物が1位でした。

 

 

また、2015年のアサヒの調査
『敬老の日に欲しいもの』の
ランキングでも、

食べ物に関するものが
3位、8位、9位に入っています。

 

このように、意外にも
食べ物が欲しいと考える
お年寄りの方は多いんです。

・食べるときは
孫も一緒に

2015年のアサヒの調査
『敬老の日に欲しいもの』の
ランキング

1位は「孫からの手紙」でした。

 

 

2013年に日本生命が調査した
『敬老の日に贈られたい物』の
ランキングでも、

2位は家族旅行・温泉です。

 

このように、敬老の日には
お年寄りは孫と関わりたい
という願望があるようです。

ですから、
なにか食べ物を贈るときは

一緒に食べる、
食べ物にメッセージを添える

といったほうが
お年寄りは喜ぶでしょう

 

・食べ物を贈るなら?

まず、食べ物で
贈らない方がいいもの

「肉」です。

 

肉は普通の贈り物で喜ばれる
代表的な物ですが、

肉の脂はお年寄りにとっては
ちょっとしつこいもの。

ですから、食べ物で
お肉を贈るのは避けた方が
良いでしょう。

では、何を贈れば良いのか
紹介していきます。

 

・親しみ深い
「和」のグルメを贈る

sushi

 

◆「和」のグルメ(外食)

1)お寿司
2)懐石料理(旅館)
3)うなぎ屋さん
4)そば屋

 

◆「和」のグルメ(ギフト)

1)海産物(明太子・あわび)
2)漬物(梅干し・奈良漬)
3)お茶(抹茶・緑茶)

4)マツタケ

 

「和」のグルメは
お年寄りも親しみやすいですし、

若い頃には食べられなかった
「憧れのもの」もあるでしょう。

 

また、和食はお年寄りが普段から
食べている方が多いです。

そのため
グルメな物だと味の違いが
はっきりわかる為、感動しやすいです。

 

 

・時期ピッタリの
秋の味覚を贈る

sanma

 

◆秋の味覚

1)魚(サンマ・鮭)
2)野菜(さつまいも・山芋)
3)フルーツ(梨・柿・ぶどう)
4)木の実(栗・ぎんなん)
5)貝類(カキ・ホタテ)

敬老の日は秋ですから、
秋の味覚がおいしい時期です。

ギフトでも秋の味覚が
売り出されることが多いので
秋の味覚を贈るのも良いでしょう。

 

ただ気を付けたいのは
田舎にいるお年寄りの場合、
「畑を持っている」という点。

畑で何を作っているのか
分かっていれば問題ないですが、

もし、ギフトで贈ったものが
畑で作っているものだったら
ちょっと失礼ですよね。

 

ですから、野菜やフルーツは
じゅうぶん注意して贈りましょう。

・皆が好きな
「和菓子」を贈る

wagasi2

 

◆和菓子

1)餅(大福・だんご)
2)あん系(まんじゅう・最中)
3)名物(ういろう・ゆべし)
4)干菓子
5)飴
6)羊羹

 

和菓子は皆が好きな物です。
贈って失敗はないでしょう。

 

(3)の名物に関しては、

贈るお年寄りと自分の住んでいる
場所が離れている場合
にプレゼントするとよいでしょう。

 

また、和菓子は
子どもと一緒に
手作りすることもできます

 

 

関連記事
敬老の日の手作りプレゼントまとめ

 

”手作りで作ってみたいな”
という方はこちらの記事に
記載されているので

よろしければどうぞ!

 

 

・その他の贈り物
(健康系、お酒類)

 

◆その他の贈り物

1)お酒(焼酎・日本酒)
2)健康食品(青汁・えごま)

お酒は男性の方が
喜ぶものですね。

もし、おじいちゃんと
おばあちゃんとを
分けて贈り物を贈るなら

おじいちゃんには
お酒を贈るのが良いでしょう。

 

 

また、健康系のものに関しては、
普段あまり健康を
意識していないお年寄りに
贈るのが良いでしょう。

 

 

・まとめ

いかがでしたか?

食べ物を贈る場合は
できるだけ一緒に食べた方が
お年寄りは喜ぶと思います。

 

忙しくて訪問ができない場合は
手紙やメッセージを添えて
贈るのが良いでしょう。

関連記事
敬老の日の手紙の例文・ポイント


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメント

  1. HISA より:

    現代のお年寄りはお肉を食べる方がかなり増えております。いちがいに肉を送らない方が良いというのはどうかと思います。

コメントを残す

*