敬老の日に服のプレゼントは嬉しいもの?パジャマや洋服の注意点は?

98d0e0b35422a06739f0b237b747676e_s

敬老の日のプレゼントで
よく贈られるものに
衣類がありますね。

しかし、衣類は
おじいちゃんやおばあちゃんに
とって、

もらって嬉しいものなのでしょうか?

今回は
敬老の日のプレゼント
「衣類」についてまとめました。

 

 

・敬老の日に
『服』は嬉しい?

douki

実は、”敬老の日に服を
プレゼントするのは間違いだ”

と考える人は結構いるようです。

 

そこで、2つのアンケート調査
を参考に
”敬老の日に服を贈るのはNG?”
という問題を調べてみました!

 

2013年に日本生命が行った
「敬老の日に欲しいもの」
のアンケートでは、

衣類は7位で5.4%でした。

 

これを見ると、お年寄りは
衣類をプレゼントされたいとは
あまり思っていないように見えます。

 

 

しかし、

connehito株式会社が
2015年に行った
「敬老の日にもらって嬉しかったもの」
のアンケートでは

衣類は男性で2位、
女性では3位という結果でした。

 

 

以上のアンケート結果から

お年寄りはそこまで
衣類を欲しいとは
思っていないが
実際にもらうと嬉しい

ということがわかります。

 

ですから、敬老の日に衣類を
プレゼントすることは
決してNGではないです。

・プレゼントする
服の種類は?

ひとことで「服」といっても
様々なものがありますね。

そこで衣類の例として
いくつか挙げたいと思うので
参考にしてください!

 

・男女両方に
贈れる衣類

1)洋服
2)マフラーや手袋
3)パジャマ

 

(1)洋服

98d0e0b35422a06739f0b237b747676e_s

洋服を決めるというのは
お年寄りにとって
相当な体力を使います。

洋服屋に行き、
気になるものを選んで
試着を行うという流れがあり、

それが嫌で洋服が欲しくても
買わない方が多いようです。

 

ですから
プレゼントで洋服を
買ってあげるのはかなり
喜んでもらえるでしょう。

 

 

(2)マフラーや手袋

敬老の日は秋ですから、
もうすぐ寒い冬がやってきます。

季節的にも防寒具は
よいプレゼントになるでしょう。

 

もちろんマフラーや手袋だけでなく
セーターやアウターといったものでも
かまいません。

 

 

(3)パジャマ

洋服は外出時だけ着るものですが
パジャマは毎日着るものなので

あまり外出しないお年寄りにも
プレゼントすることができます。

冬が近づくので少し暖かめ
パジャマをプレゼントしてあげましょう。

 

また、男性と女性の
ペアルックを贈ってあげても
いいと思います。

・女性に贈る衣類

1)ストール
2)エプロン

 

(1)ストール

ストールは
お年寄りにも人気の
おしゃれなアイテムです。

価格もそこまで高くなく
喜んでもらえるものなので

プレゼントにするのに
ピッタリの品だと思います。

 

 

(2)エプロン

9558b393eb0a23d8109d469faef1d8ef_s

エプロンは女性であれば
毎日必ず使うもの

しかし、あまり買い替えたり
しないものですから

お年寄りのエプロンなんかは
ボロボロになっちゃってることも
多いです。

 

もし、”おばあちゃんのエプロンが
昔から全く変わってない”

 

という場合には、エプロンを
プレゼントしてあげるのも
いいでしょう。

・男性に贈る衣類

1)靴下
2)帽子

 

(1)靴下

靴下もパジャマと同様、
常に着用するものです。

女性の場合はストッキングなど
ありますが、

お年寄りの男性の場合
夏でも冬でも同じ種類の
靴下を履いているでしょう。

 

最近ではくるぶしまでの
短い靴下や、ふわふわの
暖かい靴下など

様々な種類の靴下があるので
それをプレゼントしましょう。

おじいちゃんも
季節に合った靴下を履くというのが
快適だということに気付くはずです。

 

 

 

(2)帽子

5c9f287da212e52e05e7dd74065bb5a1_s

帽子は老人男性の
おしゃれの基本です。

男性は年をとると
頭がさみしくなってしまい
外出には帽子が必要なんです。

 

そんなおしゃれなお年寄りには
ハットやハンチング
プレゼントしてあげましょう。

 

また、おしゃれ以外でも
畑仕事や競馬などに行かれる
お年寄りはキャップを好みます。

おしゃれな人と違って
帽子の良し悪しはあまり
気にしないですが、

やはりプレゼントされたものは
趣味仲間に自慢したいものですから

十分に喜んでもらえると思いますよ。

 

 

・洋服を贈るときの
注意点は?

1)需要はあるか
2)サイズ特定が難しい

 

(1)需要はあるか

もちろんのことですが、
”外出の習慣がない方に
洋服を贈る”

というような
もらっても使う機会がない

というものは贈らないようにしましょう。

 

 

(2)サイズ特定が難しい

おじいちゃん、おばあちゃんの
身長や体重を知るというのは
なかなか難しいです。

 

こっそりタンスから服を取り出し
サイズを確認することができれば
問題ありませんが

それが無理な場合は、
「孫との背比べ」で大体の
サイズを確認しましょう。

14439708e51985b1dbd9c69c4f87268b_s

これは自分に子供が居る場合にしか
使えないワザですが、

”子供がどれだけ成長したか
知ってもらうために
背比べしてみよう”

と提案すれば、
お年よりは喜びますし
サイズが測れて一石二鳥です。

 

 

・離れて暮らす場合
服は贈りにくい?

さて、前に服を贈るときの
注意点を書きましたが

離れて暮らす場合、
”需要の確認”も
”サイズの確認”も

調査することが難しく
なってきます。

 

ですから、
離れて暮らす場合には
服をプレゼントにするのは

あまりおススメできません。

 

 

・まとめ

いかがでしたか?

衣類のプレゼントは
需要やサイズの調査が
必要になるため

他のプレゼントよりも
難しいでしょう。

 

しかし、いつまでも残るもの
身に着けるものですから、

需要やサイズという難関を
乗り越えれば
最高のプレゼントになります。


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*