敬老の日に手紙やメッセージを贈るときの書き方や例文。関係別に紹介

-shared-img-thumb-C824_ohanatotegami_TP_V

敬老の日に手紙を贈るとき、
「どんな文章にしよう?」
「どうやって気持ちを伝えよう?」

と、悩む方もいるでしょう。

そんな悩み無くスラスラ文章が
書けるようになる例文と書き方

について紹介します!

 

また、贈る相手との関係で
文章の書き方は違ってきます。

ということで、この記事では
”関係別”に紹介していきます!

 

自分が贈る相手を
下の目次から選んでくださいね。

 

 

・子→実の親へ(同居の場合)

例文1(堅め)

”敬老の日おめでとう!”

”毎日話していると言いづらいけど、
いつも感謝しています。”

”歳をとっても働き者の
お父さん(お母さん)を
自慢に思います。”

”でも、もう若くないんだから、
ムリはしないでね。”

 

 

例文2(緩め)

”敬老の日おめでとう!”

”ちょっと手紙は恥ずかしいけど、
せっかくの機会なので書きました。”

”いつの間にか敬老の日を
祝う歳になったんだね~。”

”いつもありがとう!
無理せず長生きしてね。”

 

●POINT

1)そこまで堅くならずに
2)しっかりほめて
3)いたわる言葉

1)家族となると、
かしこまった文章は
他人行儀で違和感です。

 

2)実の親をほめる事って
普段あまりないですから、
手紙でしっかりほめましょう。

 

3)敬老の日なので体をいたわる
ことを忘れずに。

 

 

 

・子→実の親へ(別居)

例文1(結婚してない)

”敬老の日おめでとう!
元気ですか?
私は元気です。”

”一人暮らしは大変で、
お母さんのありがたみを
痛感しています。”

”(仕事は大変で、
お父さんの苦労を
知りました。)”

”また早いうちに
帰るね。”

 

例文2(結婚している)

”敬老の日おめでとう!”

”元気ですか?
私は忙しくしていますが、
元気です!”

”家事はつらいですが、
お母さんのようになれるよう
がんばっています。”

”(家庭の為に働く苦労を
初めて知ったけど、お父さんの
ようにがんばります。)”

”また家族でそっちに
遊びに行くね!”

 

●POINT

1)自分の現状を書く
2)親と離れて感じたことを書く
3)帰省することを書く

)親は子供のことが
心配ですから、現状を。

 

2)親と離れると感じること
あるでしょう。それを書きましょう。

 

3)もちろん親は帰ってきてほしい
でしょう。早くに帰ると伝え、
実際に帰ってあげましょう。

 

 

 

・義子→義理の親へ

例文(堅め)

”いつもお気遣いいただき
ありがとうございます。”

”敬老の日という事で、
お手紙を贈らせて
いただきました。”

”私たちは、夫婦で仲良く
支え合っています。”

”夫(妻)は、最近は〇〇です。”

”これからもお体に気を付けて
元気でいてくださいね。”

 

例文2(緩め)

”いつもありがとうございます。
お元気ですか?”

”敬老の日ですから、お手紙を
贈りました!”

”夫(妻)とは今も仲良く
やっています。”

”夫(妻)は最近〇〇です。”

”また遊びに行かせて
もらいますね。
お体にお気をつけて。”

 

●POINT

1)ゆるめでも敬語は使う。
2)夫婦の現状を書く。
3)実の子の現状を書く。

1)実の親と同じような
フランクな文章は避けましょう

2)夫婦仲は義理の親にとって
気になる事です。ひとこと書いて
おきましょう。

3)やはり親が最も気になるのは
実の子の事

もし自分に子(義親にとって孫)が
いるのであれば、
孫について書きましょう

 

 

 

・孫→祖父母へ

例文

”おばあちゃん(おじいちゃん)、
お元気ですか?”

”私は忙しくしてるけど、
とっても元気だよ!”

”前にもらったお菓子、
とってもおいしかったです!”

”今度は私が何かお土産を
買って、遊びに行くね。”

”いつまでも元気でいてね。”

 

 

●POINT

1)元気よくフランクに
2)思いで話をしよう
3)遊びに行くことを書く

1)敬語を使ってしまうと
よそよそしくなるイメージが
あります。フランクにしましょう。

 

2)祖父母との思い出や
もらったものを大切にしている
など書くと喜ぶでしょう。

 

3)祖父母は孫に会いたいもの
ですから、遊びに行くことを
書きましょう。

 

 

・義孫→義祖父母へ

 

例文

”お元気でしょうか。
〇〇の嫁(夫)の●●です。”

”敬老の日ということで、
感謝の気持ちを込めて
手紙を書かせて頂きました。”

”結婚式の際は、
出席していただき、誠に
ありがとうございました。”

”〇〇は元気です。
夫婦今も支え合っています。”

”体にお気をつけて、
これからもお元気で。”

 

●POINT

1)名乗ること
2)失礼のないように
3)前回会ったときの事を書く

1)孫というのは何人もいる
ので、誰の結婚相手なのか
しっかり名乗りましょう。

 

2)義祖父母となると、遠い関係
になるので、失礼なく。

 

3)遠い関係なので会う機会も
少ないでしょうから、義祖父母の
記憶をはっきりさせるためにも、

前回会った事を書きましょう。

 

 

 

・まとめ

いかがでしたか?

 

手紙というのは日頃の
感謝や労りの言葉を述べる際には
いちばんの贈り物です。

 

しかし、失礼があると
印象も悪くなってしまうので、

 

渡す相手と自分の立場を
良く考えて、
どんな内容にするか
しっかり考えて書いてくださいね!

 


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*