左利きの子どもを右に矯正するのはやめたほうがいい。矯正された私

female

自分の子どもがもしも
左利きで生まれてきた場合、
あなたはどうしますか?

現代では左利きの人よりも
右利きの人の方が多い
右利き社会です。

そのため、
様々なモノは右利き用
作られていますし、

右利きを前提とした
説明や教育を受けることが
多くあります。

 

ですから、

左利きの子が生まれた場合
右利きに矯正する親は
少ないないようです。

 

私の両親もそのひとり。(二人だが)

私は生まれた頃は左利きだった
ですが、両親に矯正され

物心がついた頃には
右手で鉛筆や箸を持つように
なりました。

 

しかし、幼少期から現在成人してまで
右に矯正されたことによる
様々な弊害を痛感してきました。

 

今回は

左利きの子は右に矯正しないほうが
絶対にいい!という理由を

実際に矯正された私が
実体験をもとに紹介したいと思います。

・右矯正(幼少期)

yousyou

幼少期の頃はまだ矯正が
完全になされていなかったため、

箸や鉛筆は右手でも
スプーンやフォークは左手
使っていました。

 

しかし、左手でスプーンを持つたび
『右手で持ちな~。』と
母親から注意されたのを覚えています。

何度もこう言われると、
やはり幼くても嫌になってくるものです。

今でも覚えていますが、
その頃はスプーンやフォークを使う
洋食タイプの食事が大嫌いでした。

 

このように矯正は子どもに
過度なストレスを与えると思われます。

 

ちなみに私、現在ではしっかり矯正され
スプーンやフォークも右手で使っています。

しかし今でもナイフだけは左手です(笑)
両親が矯正し忘れたんですかね・・・?

 

 

・右矯正(小学校)

tibi

小学生になると友達も多くでき、
様々なスポーツなども行うように
なりました。

幼少期の頃はスポーツは
全くやっていなかった私は、

スポーツに関しては
右に矯正されていませんでした。

これはすごく幸運な事でした!

 

なぜかというと、
スポーツにおいて左利きは
重宝されるものだからです。

サッカーやバレーなどの
集団競技では、

左利きが入ると有利な
ポジションが存在しますし

 

テニスやバドミントンなどの
個人競技では、

左利きに不慣れな対戦相手が
ほとんどです。

 

左利きはスポーツで
輝くことができるので、
絶対矯正しないほうがいい!

 

 

・右矯正(中~高校)

中学生の頃。

ここで右矯正の弊害に初めて
出会うことになります。

それは
体力テストのボール投げのときでした。

 

小学校の頃から
ボールを投げるとき、

『右手、左手どっちで
投げたらいいんだろう?』

と、思っていました。

 

右手でも左手でも
しっくり来ないという状況。

体力テストの結果は
ボール投げはクラス男子で最下位。

それどころか女子の記録の中でも
真ん中くらいというヒサンな結果に・・・。

 

この体験を話すと、

『それは矯正は関係なく、ただ単に
投げるのが下手なんじゃない?』

と思われるかもしれませんが、
どうやら関係ありそうなんです。

 

私の兄も矯正を受けたのですが
彼もボール投げは最下位で、

同じく矯正を受けた私の友人も
ボール投げはヘタ
(友人はスポーツ万能なのに)

 

これは矯正は関係ないと
いえないのではないでしょうか?

他にも矯正された友人に、

『裁縫の針をどっちで
持てばいいかわからない』

と言う人や、

幼い頃、矯正された学校の先生も

『祭りの射的をするとき
右手か左手かわからなくなる』

という人など、

どっちの手で行えばいいか
分からない事が

矯正をされた人には起こるようです。

・まとめ

いかがでしたか?

左利きを右手に矯正すると、

 

◆矯正のデメリット

・幼少期にストレスが溜まる

・左利きはスポーツに有利

・右手か左手か分からない時がある

 

このようなデメリットがあります。

ちなみに、左利きを矯正するメリットは
あるように感じられますが、

実際はないので、
矯正は絶対すべきではないと思いますよ!

 


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*