お盆に先祖の墓参りはいつ行くべき?供えるものや基本のマナー紹介

haka

お盆といえば
御先祖様をお迎えして
お参りをする日

ですよね。

しかし、お盆休みの期間は
職業によって変わったり
地域によって変わったりします。

関連記事
2016年のお盆休みはいつ?

 

さて、お墓参りはいつ行くべきで、
マナーや供えるべきものを
しっかり知っていますか?

 

・お墓参りの期間

 

本来のお墓参りの期間は
8月13日~16日。

hatigatu

とくに、先祖が帰ってくるといわれる
13日に、お迎えも兼ねてお参りに
行く方が多いようです。

 

では、それ以外の日に
行くのはNGなのでしょうか?

どうしても墓参りの期間に
都合がつかない場合は
他の日でも構わないそうです。

 

ただし、お盆の後になってしまうより
お盆の前にお参りする方が
良いそうです。

 

とくに今年からは、
『山の日』という新しい祝日が
できたので、

8月11日にお参りに行く方も
増えるのではないでしょうか。

 

・墓参りの回数

本来のお盆期間中の墓参りは
3回だと言われています。

 

1回目・・・13日
先祖を迎える『迎え火』を灯す

2回目・・・14日or15日
法要を行う

3回目・・・16日
先祖を送る『送り火』を灯す

 

※迎え・送り火とは、
おがら(たいまつ)を
焙烙(土鍋)の上で燃やす儀式。

これによってご先祖様を
迎える・送ることになるのですが、

浄土真宗の場合、
先祖は極楽浄土に召されていると
考えるので

「迎え火」「送り火」は
やらないそうです。

 

本来の回数は3回ですが、
こちらも時期と同様
都合が合わなければ
省略しても大丈夫です。

できる限り3回行きましょう。

 

また、3回以上行っても
もちろん構いません。

・墓参りですること

お盆のお墓参りでは、
するべきことが決まっています。

◆お墓参りですべきこと

1)お墓の掃除
2)お供え物を供える
3)線香を焚く

 

 

(1)お墓の掃除

お墓の掃除はブラシではなく
雑巾やふきんを使いましょう。

ブラシやたわし等を使うと、
お墓に傷がついてしまう
恐れがあります。

 

また、
洗剤も墓石を痛める可能性が
あるので、できるだけ水拭きで

 

お墓の掃除は、
墓石だけではなく敷地内も
掃除を行いましょう。

ホウキでごみを取るだけでも
大丈夫です。

 

 

通常これだけでも掃除はOK
なのですが、
さらにキレイする方法として

”墓石の周りの玉砂利を洗う”

というものがあるそうです。

jari

スコップで玉砂利をバケツに入れ、
水で洗うだけで綺麗になるそうです。

 

 

 

◆掃除の持ち物

1)タオル(雑巾・ふきん)
2)バケツ(水を入れるもの)
3)ほうき・ちりとり(ゴミをとる)

4)スコップ(玉砂利を洗う方)

 

 

(2)お供え物

お供え物は、故人の好物や
手料理、果物など
なんでも良いそうです。

 

ただ、マナーとして
”お酒を墓石にかける”
”供えた食べ物を置いて帰る”

という行為はNGです。

 

その他にも、虫や害鳥が
寄ってくるようなことは
しないようにしましょう

 

118770

また、
お供え物で有名なものに
”きゅうりを馬に仕立てる”ものと
”なすを牛に仕立てる”ものが
ありますよね。

 

きゅうりの馬は、
先祖が馬のように
早く来ますように

という願いで、

なすの牛は
先祖が牛のように
ゆっくり帰りますように

という願掛けのようです。

このきゅうり馬となす牛のお供えは
間違われがちなのですが

”家の仏壇に置くもの”です。

 

お墓にお供えするものではないので
仏壇に供えましょう。

 

(3)線香を焚く

線香は焚いている間
”先祖と対話をする”
という意味があります。

線香の焚き方は
宗派によって違い、複雑です。

簡単にまとめたので
参考にしてください。

 

◆天台宗・真言宗

1)線香を3本使う
(仏・法・僧に向けて)
2)線香は半分に折る
3)横にして供える

天台宗・真言宗の注意点は、
線香を横にしておくのが
普通だという点です。

◆浄土真宗

1)線香を1本のみ使う
2)半分に折る
3)供え方は自由

浄土真宗はこれといって
注意点はありません。

 

また、全ての宗派における
マナーとして

”線香は途中で消さない”

というマナーがあります。

 

線香を焚いている間は
先祖と対話をしているわけですから、

途中でやめてしまうのは
失礼ですよね。

 

よく世間で言われているのは
”線香の火を口で消さない”
というものですが、

手で仰いで消しても
マナー違反なんです。

 

線香の火が灯っている間は、
お墓の前で祈るようにしましょう。

・まとめ

いかがでしたか?

 

◆お墓参りの概要

1)基本の墓参り期間は
8月13日~16日
(いけないなら前の日に)

2)墓参りの回数は
基本的に3回
(何回行っても良い)

3)お供え物は故人が
好きだったもの、手料理
何でも良い

4)お線香の焚き方は
宗派によってちがう

 

◆基本的なマナー

1)忙しくとも
一度は必ずお参りに行く
(お盆期間に行けない時は
それより前日に)

2)お墓参りに行ったら
掃除を必ず行う

3)お供え物を
置いて帰るのはダメ。
お酒をかけるなど
衛生的に悪いのもNG。

4)お線香は
自分で消さずに
消えるまで待つ。

基本的なマナーを守って
正しいお参りをしてくださいね。


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*