イベント・季節

お盆・夏休みにひっそり花火大会in東京!人の少ないマイナー花火

東京の花火大会って
人多いな~。とお考えの方。

じつは、都内でも
ちょっと移動すれば
観客の少ない花火大会が

見れるんです!

 

今回は観客1万人以下
都内のマイナー花火について
調査しました!

 

 

・神輿と自然も味わえる
「奥多摩納涼花火」

開催日:8月13日(予定)
時間:19:45~

打ち上げ数:1000発
昨年客:約5,000人

アクセス:JR青梅線奥多摩駅
(東京駅から約120分)

 

奥多摩の山、
愛宕山の山頂から放たれる花火。
奥多摩駅周辺では
納涼祭が行われており
神輿や獅子舞などが見れるそう。
のどかな町の小さな祭りと花火が
生み出す風情は
うっとりすること間違いナシ。

 

花火は奥多摩駅周辺からも
観覧可能ですが、

山の山頂から打ち上げるため
キャンプ場氷川の大橋からも
キレイに見えるそうです。

 

昼間は川遊びをして
夜は花火を見て
キャンプで1泊するという

最高の1日を送ることも
可能ですよ!

関連記事
関東から日帰りで行ける川

奥多摩川でキャニオニング

 

 

・エンディングがすごい
「青梅市花火大会」

開催日:未定(昨年8月1日)
時間:19:30~

打ち上げ数:000発
昨年客:約10,000人

アクセス:JR青梅線「青梅駅」
から徒歩10分

(東京駅から約80分)

 

打ち上げ場所は永山公園という
公園です。

この花火大会、
エンディングには
ナイアガラという花火が。

 

また、永山大照明といわれる
永山公園の木々を美しく
照らす照明も見ることができます。

 

東京からのアクセスも良く、
徐々に人気の出てきた花火大会
ですが、

まだまだマイナー花火なので
そこまで混雑を気にせず楽しめる
花火大会です!

 

 

 

 

・水面下で人気
「大島花火大会」

 

開催日:8月13日(予定)
時間21:00~
打ち上げ数:1000発
昨年客:約10,000人

アクセス:
竹芝桟橋から高速船で約90分
(東京駅から約120分)

 

竹芝桟橋までは、
JR山手線、「浜松町駅」から徒歩10分。

 

打ち上げは高速船の到着地、
元町港から放たれます。
大島では8月13日と14日に
夏祭りが行われ、
その初日の13日に花火も行われます。

夏祭りは大規模なもので、
数多くの屋台があり
伝統の踊りやミス大島の発表といった
イベントも様々。

 

大島には火口が見れる三原山
大島動物園など観光スポットも多数。

温泉宿もあるので
奥多摩と同様、1泊して
2日間祭りを楽しむのもいいでしょう。

 

 

 

・まとめ

いかがでしたか?
東京都内でも少し移動すれば
混雑しない花火大会を
見ることができるんですよ。

 

すべて規模は小さめですが
大規模なものとは
違った良さがあります!

ぜひ2016年は
今回紹介した花火大会へ
行ってみてください!

 

 

-イベント・季節

Copyright© アソビを哲学する , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.