お盆玉は2016年にあげる予定の人はいるのか?前年からみる傾向

otosi

お盆玉って、知ってます?

お年玉の
お盆バージョンだそうです。

もしお盆玉の存在を知らずに
親戚の席に行ったら
子どもたちに
白い目で見られるかも・・・?

 

・お盆玉っていつから始まった?

otosi

お盆玉、じつは6年前の
2010年にある会社が

『おぼんだま』と書いたぽち袋の
販売を始めたのがはじまりだそうです。

 

その後、2年前の2014年
郵便局も『お盆玉ぽち袋』を販売し
一般的になったと考えられます。

 

 

ちなみに
お盆玉のオリジナルである
『お年玉』が始まった理由は

”元旦にやってくる神様に
お供えするため”

でした。
これを考えると、
”ご先祖が帰ってくるお盆”にも
お金のお供えがあっても
おかしくないのかもしれませんね・・。

 

・お盆玉、みんなあげてるの?

hatena

去年2015年9月の
マイナビの調査によると、

もらっていない・・・62.6%
もらった・・・37.4%

という結果だったようです。

 

『なんだ、半分以上の子が
もらってないじゃん』と
思うかもしれません。

 

しかし。
子どもの情報の速さは
あなどれません。

夏休みが終われば、
みんな学校に登校して、

もらった子は
『お盆玉もらったよ』と
皆に言ってまわります。絶対。

 

だからといって
あげないといけない!
というものではないと思いますが。

 

 

 

・あげてる人のお盆玉の相場は?

 

お盆玉を上げてる人の
気になる相場ですが、

もちろん幼児、
小中学生、高校生で
変わってくるでしょう。

 

でも、現在そこまで定着していない
風習ですから、あげるとしても
お年玉と同額あげる必要は
ないでしょう。

世間の相場は
小学生1000円~
中学生3000円~
高校生5000円~

といわれていますが、

 

個人的には一律1000円でも
大丈夫だと思います。

というのも、大きな額あげたら
子どもは嬉しいと思いますが、

その子の親はもしかしたら
申し訳なく思うかもしれません。

 

 

ですからお盆玉を
あげるにしても
あげないにしても

当たり障りのない額を
冗談半分であげるくらいが
良いと思われます。

 

・お盆玉、どうやって渡す?

厄介なのが知名度です。
知っている人が50%くらいの
『お盆玉』。

知らない大人の親戚も、
子どももいるでしょう。

 

そんな中でドヤ顔で
『はい、お盆玉』って言って
渡すのも変ですよね。
『お盆玉って知ってる?』と子どもに
一度聞いてみて、

知っていても知らないにしても
お盆玉についての
話を少ししたあとに

 

少額のお盆玉をあげる。

 

あげる流れはこんな
感じでしょうか。

知名度が低いからこそ
こんな風に冗談半分のように
やっちゃいましょう。

 

もちろん、
ムリにやらなくてもいいです!

 

・まとめ

『お盆玉』は、

  1. 2010年から始まった
  2. 去年もらった子は4割
  3. 相場は気にしなくていい
    (少額でいい)
  4. あげるなら冗談半分で
  5. ムリにあげる必要はない

こんな感じです。

 

あげなきゃいけないって
わけじゃないので

お盆で親戚が集まったときの
話のネタにするくらいにしちゃいましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*