夏バテとは病気なのか?原因や症状は様々ゆえ対策も適したものが必要

bate

夏も折り返し地点になりましたが、
皆さん夏バテは来ていませんか?

夏バテになると、仕事はおろか
日常生活まで億劫になります。

そんな夏バテについての
対策について今回は紹介します。

 

夏バテはがまんして放っておくと
熱中症のリスクも上がるので

体に異変を感じたら
必ず対策を講じましょう。

 

・夏バテは病気なのか

夏バテはあらゆる病気に
かかりやすい状態です。

免疫力が低下し、
疲れやすくなっていますし

さらにストレスへの耐性も
弱まっています。

 

今回その対策・解消法について
紹介しますが

どうしても自分の力では
夏バテは治せないという場合は

病院(内科)へ行きましょう。

点滴やビタミン剤などの
処方をしてもらえます。

・夏バテの原因には
種類がある

夏バテになる原因は
いくつかあります。

日常生活に思い当たる節
ありませんか?

下記の中に思い当たるものが
あれば、原因が付きとめられます。

 

◆夏バテの原因

・食欲不振

・水分不足

・睡眠不足

・自律神経の乱れ

 

◆食欲不振

花粉症

夏バテになった⇒食欲不振

と、食欲不振は夏バテ症状だと
考える方も多いようですが

確かに食欲不振は夏バテの症状
ですが、さらに夏バテを悪化させる
夏バテの原因のひとつです。

水分を摂りすぎたり、
暑さや外的なストレスによって
引き起こされる食欲不振。

 

その食欲不振が引き起こす症状は

・疲れやすくなる

・胸やけ、吐き気

・便秘、下痢

・抵抗力の低下

などがあります。

 

食欲不振のイチバン簡単な
対策として、

料理の薬味を増やす

という方法があります。

薬味には食欲を促進する効果
栄養を補てんする効果があります。

 

例えば、暑い夏にピッタリの
そうめんや冷やし中華には、

ネギやしょうが、梅干し

 

冷たいおそばを食べるときは

たっぷりの大根おろしや
ヤマイモ。

といったように、
薬味をたくさん使いましょう。

 

食欲がなくても、
そうめんなどの冷たく
軽いものなら食べれるでしょう。

 

ちなみに薬味には

・きざみネギ
・にんにく
・しょうが
・みょうが
・とうがらし
・大葉
・ごま
・山椒
・レモン
・かつおぶし

などなど、たくさんありますので
上手に使ってください!

 

 

◆水分不足

dassui

日中、汗をたくさんかいて
水分が不足すると
夏バテの原因になります。

水分だけでなく、ミネラルも
汗から排出されるので

塩分不足も同じく
夏バテの原因となります。

 

水分不足の症状は

・頭痛、めまい

・体温の上昇(汗が出ない)

・手足の冷え(冷房などで)

・便秘

などがあります。

 

水分不足の対策として

”ウォーターローディング法”
というものがあります。

簡単に言うと、
一度にたくさん水を飲むの
ではなく、

小分けにして何回も飲む
という方法。

 

これによって水分が効率よく
吸収され、
水分不足になりにくくなります。

また、水だけでなく
こまめに塩分を取ることも
忘れずに。

 

このウォーターローディング法。
水分補給だけでなく
食欲の増進にもつながります。

いちどに水をがぶ飲みしてしまうと
どうしても満腹感がでますよね。

それも解消してくれるので
とっても優れた補給方法です。

◆睡眠不足

夏は冬と比べて
睡眠不足になりやすいです。

その理由は
熱帯夜の影響。

暑さでなかなか寝付けなかったり
深夜に目が覚めてしまったり。

こうした睡眠不足も
夏バテの原因になります。

 

睡眠不足の症状は

・疲れやすい

・集中力の低下

・抵抗力の低下

・頭痛、めまい

などがあります。

 

睡眠不足を解消するには、
暑いときは我慢をしないこと。

電気代がもったいないからといって
夜、冷房をつけずに寝るのは
睡眠不足につながります。

 

睡眠不足による体の不調は
夜の冷房でかかる電気代と比べて
高い代償じゃありませんか?

 

また、最近では就寝中に
熱中症になるリスクがある
ということも証明されています。

暑くて寝れない場合は
冷房はつけましょう。

 

関連記事
寝付きが悪い人の特徴とは?

 

 

◆自律神経の乱れ

”冷房病”というやつです。

外の気温と室内との気温差が
ありすぎると、
自律神経の乱れを引き起こします。

 

自律神経の乱れによる症状は

・立ちくらみ、めまい

・だるさ、倦怠感

・不眠

・食欲不振

などなど。

ここで気づいた方もいらっしゃる
かもしれませんが、

自律神経の乱れによる症状に

・不眠
・食欲不振

といった他の夏バテの原因になる
ものが入っています。

自律神経の乱れはさらに夏バテの
原因を引き起こす原因。

いわば夏バテのボスです。

無題

逆に言えばこの
自律神経の乱れを解消すれば、

食欲不振や睡眠不足も
解消される可能性があります!

 

自律神経の乱れの解消法は

・室内と外の気温差を
5℃以内にすること

・冷房の風を直接受けないこと

 

この2点です。

「5℃以内って、室内が
暑すぎるだろ!」

って思う方も居られるかと。

たしかに、外が35℃だったら
室内は30℃ほどに
しておかなければならなくなります。

 

そんなときは、
冷房を強くするのではなく、

部屋の湿度を下げたり、
扇風機で暑さをしのぎましょう。

 

ほかにも冷房以外で暑さを凌ぐ
方法があります。

冷房を強めず夏を越す方法は?

・まとめ

 

◆食欲がない方

・薬味を駆使して
食欲アップ!

・水分の摂りすぎで
満腹にならないように!

・冷房に直接あたったり
冷やしすぎないように!

 

 

◆水分をあまりとってない
と感じる方

・一度にたくさん水分を摂らず
小分けにして飲んで!

・塩分も少量とって!

 

◆睡眠不足の方

・寝るとき暑かったら
我慢せず冷房つけて!

・冷房に直接あたったり
冷やしすぎないように!

 

◆自律神経が乱れてると
感じる方

・外と室内の温度差は
5℃以内に!

・もし室内が暑いなら、
除湿や扇風機で!

 

最近では9月でも
残暑が厳しいですから

あと2カ月は暑さとの戦いは
続きそうです。

夏バテ対策に、
少しでも体調に異変を感じたら

今回紹介した方法を
参考にして夏をのりきってください!

 


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*