車で旅行へ行くときの節約術!時間を浪費せず出費を減らすコツとは?

drive2

旅行に行くときに大切なのは
時間の短縮と、出費の軽減です。

しかし、時間短縮を考えると
出費がかさみますし、

お金をケチりすぎると
時間の浪費がひどくなります。

時間とお金、どちらも
上手くいくようにするには

ちょっとしたテクや知識が必要です!

 

ということで今回は
「車で行く旅行で時間をかけずに
お金を節約する方法」

について紹介していきます。

・旅行で車を選ぶ
メリットとデメリット

drive

車で旅行へ行くときには
他の移動手段と違った
メリットが生まれます。

 

◆車旅行のメリット

・完全プライベート

・スケジュール変更できる

・計画を練る必要がない

 

◆完全プライベート

電車やバスの場合
公共の乗り物ですから、

最低限のマナー
守らなければなりません。

車と比べるとすこし窮屈に
感じる点が多いでしょう。

 

その点車は完全にプライベート
ですから、
お子さんがぐずって

誰かに迷惑がかかることも
ありませんし、

 

仲間内で大騒ぎしても
OKです。

 

 

◆スケジュール変更できる

buste

観光地から観光地への移動
宿泊場所への移動では
車があればとっても便利です。

「〇〇分のバスに乗らなきゃ!」とか
「〇時の電車で帰らなきゃ!」といった

時間に縛られることもありません。

 

目的の観光地が思っていた以上に
楽しかったら、
予定より長く居たいですよね。

そんなとき、車なら予定を
変更できちゃいます。

 

とくに田舎への旅行の場合は
バスや電車を1つ逃すと
次は2時間後・・とかよくあります。

 

スケジュール変更がカンタンに
できるのは、車の最も便利な点です。

 

 

◆計画を練る必要がない

スケジュールが変更できる
というメリットと似ているのですが

車移動では
そもそもそこまで入念に
計画を立てる必要がありません

 

ノープランだったとしても
ぶらっとドライブしたり
周辺観光地をググったりして

パッと行くことができるので
事前計画が必要ないんですね。

 

旅行の計画を立てるのが
好きな方はモチロン
立ててもかまいませんし、

計画を立てるのがキライという人も
車の旅なら計画を立てなくても
行けるので

ズボラな人には車旅行が
向いていると思いますよ。

 

 

・ガソリン代の削減

drive2

さて長くなりましたが、
本題に入りましょう。

車の移動でかかるお金は
大きく分けて4つあります。

 

◆車旅行のコスト

・ガソリン代

・高速道路代

・駐車場代

・レンタカー代(自車が無い人)

 

 

ガソリン代は長距離移動となると
とくに気になってしまう出費です。

 

そんなガソリン代を減らすためには
運転の仕方を変えるほかありません。

 

◆ガソリン代を減らす

・空調を弱める

・アイドリングストップ

・エンジンをふかさない

 ◆空調を弱める

 

空調をガンガンにつけていると
もちろんガソリン代はかさみます。

しかし、夏場や冬場は
空調なしではあまりにキツイ。

なので、空調を少しでも
弱められるようなテクを紹介します。

 

夏場の暑さは空調なしでは
居られません。

少しでも空調を弱められる方法は
車に乗り込む前にあります。

 

・駐車は日光を避ける
・乗り込む前に換気

この2つで車内の温度が
格段に下がります。

 

日光を避ける方法は
サンシェードを付けるか、
日の当たらない場所に駐車するか。

 

乗り込む前に換気をする方法

車の全てのドアを全開する

運転席と後部座席のドアを
勢いよく開け閉めを繰り返す

これによって車内の暑い空気は
換気されます。

 

次は冬場。

front
冬場は外気の温度差で窓が
曇りやすくなります

とくにフロントガラスが曇ると
空調を付けるしかありません。

(窓を開けるという手法もありますが
寒いですからね)

 

そこで窓を曇りにくくする
方法があります。

 

・窓をキレイにしておく
・車内の湿度を下げる

 

窓をこまめに拭いておくことで
窓の曇りを防ぐことができます。

レンタカーであれば
喫煙者はヤニで窓が汚れている
可能性があるので

禁煙車を選んだ方がいいでしょう。

 

また、車内の湿度を下げれば
窓の曇りを抑えられます。

除湿剤を置いておくことで
ある程度曇りを防ぐことができます。

 

 

◆アイドリングストップ

アイドリングストップ
信号待ちなどの時間に
エンジンを停止させる

排気ガスや燃費を軽減させる
手法です。

 

このアイドリングストップ。
現在では自動で停止する車も
多いですが、

バッテリーに負担がかかるという
デメリットもあります。

 

レンタカーでは気にせず
アイドリングストップをすれば
いいのですが、

自家用車ではバッテリーの
寿命が気になります。

 

しかし、少し高価なバッテリーに
切り替えればその心配は
なくなります。

高価なバッテリーと言っても
差額は約1万円

 

アイドリングストップを積極的に
行えば、その差額の1万円の元は
取れるでしょうから、

バッテリーを高価な物に
交換しても良いと思います。

 

また、アイドリングで最も
ムダなガソリンを消費するのが
渋滞です。

渋滞は時間もお金も
無駄に使ってしまう
旅行の大敵です。

 

渋滞を事前に調べ上げて
避けるようにしましょう。

それでも渋滞に
巻き込まれそうなときは

最寄りのパーキングなどで
留まってしまいましょう。

 

 

◆エンジンをふかさない

boon

これがいちばん効果があります。

エンジンをふかしてしまうと
言わずもがなガソリン代は
跳ね上がります。

エンジンをふかさない運転を
心がけましょう。

 

最近では燃費の悪い
運転をするとすぐに分かるように

画面にメーターがありますよね。
あのメーターが赤くなるまで
ふかすのをやめるだけで

大げさでなく
ガソリン代は倍くらい
変わってきます。

・高速道路代

kousoku

高速道路の料金は
結構な値段しますよね。

だからといって下道を通ると
無駄に時間を浪費します。

 

少しでも高速道路の値段を
減らすにはETCカード
絶対不可欠になります。

 

◆ETCの有効活用

・時間帯割引を使う

・ETCマイレージの加入

 

◆時間帯割引を使う

2016年夏現在ETC割引の
時間帯と割引率は次のように
なっています。

 

◆休日割引

土・日・祝の割引

30%の割引

大阪近郊と首都圏は対象外

●普通車、軽自動車限定

休日割引の良い点は

休日に少しでも
高速に入っていれば

全て割引対象となる点です。

 

例えば、金曜の20時に高速に入り
土曜の8時に出たとしても
全てが割引対象となります。

 

◆深夜割引

毎日0時~4時

30%の割引

全ての車種が対象

●京葉道路、横浜新道などは対象外

深夜割引も休日と同様、
少しでも深夜に高速に入っていれば
割引がされます。

例えば深夜3時半に高速に入り
朝10時に出ても全区間が
割引対象です。

 

この割引を上手く使えば
長距離であればあるほど
かなり節約になります!

 

また、レンタカーを利用する方は
ETCカードが、どの会社でも
だいたい300円ほど

レンタルできるので、
必ずレンタルするようにしましょう。

 

 

◆ETCマイレージに入る

ETCマイレージとは、
高速道路の料金に応じて
ポイントが溜まっていくサービス

 

ポイントは高速料金の支払いに
使うことができます。

会費・登録料は一切かからないので
デメリットも全くありません!

 

さらに、ETCマイレージポイントは
クレジットカードポイントとの
重複も可能

 

未だ加入していない方は
必ず加入したほうがいいですね。

しかし残念ながら
自家用車を持っていない方、

ETC車載器
持っていない方は
加入できないようです・・・。

・駐車場は調べておこう!

parking

駐車場は場所によって料金が
かなり違ってきます。

 

適当な駐車場に車を停めたけど
実は隣の駐車場はもっと安かった・・。

なんてことはザラにあります。

 

こういうことにならないためにも
事前に調べておくことが大切です。

最近では観光地の駐車場について
詳しくブログで説明している方が
たくさん居ます。

『〇〇(観光地) 駐車場』
調べれば一発で出てきますよ。

 

また、休日なんかだと
駐車場が満車になっていて

空いている駐車場を探すのに
とっても苦労する、なんてことも
多いです。

 

駐車場の候補は
2つ3つ挙げておいた方が
良いでしょう。

 

 

・レンタカー代を
浮かすには?

レンタカー代は会社によって
変わってきますし、

車種によっても異なります。

 

レンタカーの値段比較は
こちらの記事に載っています

値段の安いレンタカー会社は?

 

 

また、ツアーなどで
電車とレンタカーや
宿とレンタカーがパックになっている

お得なプランもあります。

 

行きたい場所がある場合は
まずツアーを調べてみるように
しましょう。

 

 

・まとめ

いかがでしたか?

ガソリン代、高速代、駐車代。
この3つは、少し気を付けるだけで

びっくりするくらい
出費が変わってきます。

 

たぶん、今回の記事を見ただけでは
「あまり効果無さそう」とか
思う方もいると思います。

 

が、一度だまされたと思って
やってみてください!

ほんとうに1万、2万と違います。

 

その分旅行は贅沢に出来ますし
今回紹介したものはすべて
時間がかかるものではないですから

メリットばかりです。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

*